第一回自由報道協会賞

Twitterでシェア
Facebookでシェア
2012.01.16

~世界でいちばん開かれたジャーナリズム賞~

社団法人自由報道協会は2012年1月27日の設立一周年を機に、すべてのジャーナリストを対象にしたジャーナリズム賞「自由報道協会賞」を創設いたします。

これは、取材、報道、評論活動などを通じてジャーナリストとして顕著な業績をあげ、ジャーナリズムの信用と権威を高めた個人・団体・および作品等を顕彰するものです。

受賞候補作品は、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなどで発表された記事や写真、動画など、幅広いジャンルから一般公募で受け付けます。

なお、受賞対象者は協会関係者に限定せず、全世界のジャーナリストに対して開くものとします。同時に賞の選考過程においても、みなさんが投票していただける完全にオープンなシステムを採用し、「世界でいちばん開かれたジャーナリズム賞」を目指します。

※公募対象は2011年1月1日から12月31日までの報道・活動
※下記・運営委員は受賞対象外となります。

なお、今後も年に一度の頻度で「自由報道協会賞」の授与を行なっていきます。皆様のご参加をお待ちしています。

 

最終受賞候補の投票はこちらから投票お願いいたします。

最終投票期間:2012年1月25日(水)00:00(24日24:00)〜1月27日(金)00:00(26日24:00)

 

■概要■
1.主催:社団法人 自由報道協会

2.運営:社団法人 自由報道協会 自由報道協会賞運営委員会
(上杉隆、島田健弘、畠山理仁、村上隆保、自由報道協会インターン)

3.趣旨:社団法人 自由報道協会 定款第4条第4項に基づく
第4条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(4)自由報道協会賞の授与など、取材、報道あるいは評論活動などを通じて、
ジャーナリストとして顕著な業績をあげ、ジャーナリズムの信用と権威を
高めた記者を顕彰する。

4.各賞
大 賞:日隅一雄賞
部門賞:マイクロジャーナリズム賞
3・11賞
その他各部門賞を予定しております。

5.賞金
総 額:100万円
大 賞… 50万円
部門賞…10万円
※匿名の協会支援者の方から、若いジャーナリストの励みに使ってほしいと
まとまった金額を賞金に寄付していただきました。
直接お礼を申し上げることができなかったのでこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

※その他の概要は決定次第追加いたします。

■選考スケジュール■
<公募期間>
2012年1月16日(月)12:00〜1月22日(日)12:00

<ノミネート選考・ノミネート通知>
2012年1月22日(日)19:00〜1月24日(火)19:00

<最終投票>
2012年1月25日(水)00:00(24日24:00)〜1月27日(金)00:00(26日24:00)

<授賞式>総合司会:吉田照美 アシスタント:町亞聖
2012年1月27日(金)19:00〜20:00

Twitterでシェア
Facebookでシェア
最新情報
記者会見情報
記者会見報告
イベント
自由報道協会賞