「自由報道協会」ロゴ募集のお知らせ

Twitterでシェア
Facebookでシェア
2011.02.15

「自由報道協会」(英語表記:Free Press Association of Japan)では、日本に「自由な言論」「多様な報道」を生み出す「場」を創出することを目指し、各界からゲストを招いて記者会見を主催しています。

今後、より多くの皆様にご理解いただき、親しみをもっていただけるように、会のシンボルとなる「ロゴマーク」を公募いたします。

採用されたロゴマークは、当会ホームページ、冊子、パンフレット、封筒等の各種印刷物、広報活動などで利用していく予定です。

なお、採用された方には、会員の著書、会員の所属する会社のキャラクター人形などが贈呈されます。設立したばかりで資金がないため、心を込めた現物支給でご容赦下さい。

なお、正式にロゴとなるためには、団体が設立される際の総会で決議をし、その承認をもって正式採用となりますので、設立準備会での選考結果が、覆る可能性もあります。予めご了承ください。

皆様からのご応募をお待ちしています。

【応募要領】

1.応募資格
どなたでも応募いただけます。
2.応募締め切り
2011年2月18日(金)必着
3.応募方法
デザインしたロゴ(カラーと白黒両方)と、ロゴの解説をe-mailでお送り下さい。
送り先はこちら fpajlogo(あっとまーく)gmail.com です。
タイトルは「ロゴ公募 氏名◯◯◯◯」でお願いします。
4.選考方法
応募作品は、当会会員により選考させていただきます。選考結果は採用決定者への直接の連絡の他、当会ホームページにて発表いたします。
5.応募規定
応募作品は未発表のもので、第三者の著作権、商標権などの権利を侵害しないものに限ります。
6.副賞
会員の著書、会員の所属する会社のキャラクター人形などが贈呈されます。
7.著作権について
採用された作品の著作権、使用権、その他一切の権利は、自由報道協会に帰属するものとし、無償譲渡をしていただくものとします。また、当協会にて商標登録を行なう予定です。
8.使用範囲
当会の役員、会員は、ロゴマーク、ロゴタイプを広く業務等に使用することができます。ただし、使用する際には、品位と尊厳を保持しなければなりません。会員以外が使用しようとする場合には使用許可が必要です。

【参考1】当会の設立趣旨
【参考2】当会設立準備会メンバー

以上

Twitterでシェア
Facebookでシェア
最新情報
記者会見情報
記者会見報告
イベント
自由報道協会賞