【緊急声明】産経ソウル支局長「無罪」! 控訴断念を求める。

2015年12月18日
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長がソウル中央地検から在宅起訴されていた裁判で17日、無罪の判決が言い渡されました。
 
私たち公益社団法人自由報道協会は昨年10月の起訴段階で、すみやかに処分撤回を求める緊急声明を出しています。「公人中の公人」である大統領の動静に関する情報は、噂を含めて重要な公共の関心事で、それを伝えたジャーナリストを起訴すること自体が、民主主義国家の価値観を大きく逸脱するものだと考えるからです。
 
そもそも公権力が報道に介入するのは、韓国に限らずどこの国でもあってはならないことで、今回の無罪判決は当然です。当協会では、韓国の検察当局が自らの過ちを認め、控訴しないことを改めて要求します。
 
関連声明はコチラ

【緊急声明】 産経ソウル支局の出国禁止はジャーナリズムへの挑戦だ!

【緊急声明】産経前ソウル支局長の起訴処分の撤回を求める!


 

2015年12月18日

公益社団法人自由報道協会