政権党による選挙放送への介入に抗議します

2014年12月2日
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加

自民党が萩生田光一・総裁特別補佐官と福井照・報道局長の連名で在京テレビキー局各社に対し、11月20日付で、選挙に関して「公正中立な報道」を要請する文書を出していることが明らかになりました。
内容は、出演者の発言回数や時間、ゲストの選定、テーマ設定から、街頭インタビューの映像で一方的な意見に偏らないことを求めるなど、個別具体的に要請しており、明らかな放送介入といえるものでした。
政権党によるこうした申し入れは、民主主義国家の根幹をなす「言論の自由」を著しく逸脱するものであり、番組編集権の侵害にも当たります。日本の報道の自由の確立を求める私たち公益社団法人自由報道協会は、同党と関係者に強い抗議の意志を表明します。

2014年12月2日

公益社団法人自由報道協会