第三回自由報道協会賞は今西憲之さんに決定

2014年1月21日
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加

自由報道協会の役員による選考会議の結果、第三回自由報道協会賞は、下記候補作品の中から今西憲之さん+週刊朝日編集部『原子力ムラの陰謀__機密ファイルが暴く闇』に決まりました。

授賞式を、1月25日(土)18:00から、
東京麹町の麹町報道会見場で行ないます。
(東京都千代田区麹町2-2-4麹町YTビル2階)

【ノミネート作品】

■『原子力ムラの陰謀__機密ファイルが暴く闇』
(今西憲之+週刊朝日編集部著、朝日新聞出版)
■『検証 福島原発事故・記者会見2__「収束」の虚妄』
(木野龍逸著、岩波書店)
■『安倍総理! 子宮頸がんワクチンをやめてください』
(月刊日本編著、ケイアンドケイプレス)
■『原発再稼働 絶対反対』
(再稼働阻止全国ネットワーク編、金曜日)
■『殺人犯はそこにいる__隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』
(清水潔著、新潮社)
■『暗闘 尖閣国有化』
(春原剛著、新潮社)
■『福島原発事故__東電テレビ会議49時間の記録』
(福島原発事故記録チーム編、岩波書店)
■『永山則夫__封印された鑑定記録』
(堀川惠子著、岩波書店)
■『原発広告』
(本間龍著、亜紀書房)
■『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』
(前泊博盛著、創元社)
■『レイバーネットTV』
■『東京新聞』憲法取材班の「憲法に関する一連の連載企画」
■『標的の村』
(三上智恵監督、琉球朝日放送制作)