10月9日(日)「希望の牧場」プロジェクト経過報告記者会見

2011年10月1日
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京電力福島第1原子力発電所から半径20キロ圏内の警戒区域内にある浪江町の牧場に毎日通い、国が求める家畜の殺処分に応じずに餌やりを続けている畜産家・吉沢正己氏。
また、震災直後から南相馬市や警戒区域内に通い、地元の要求と政府や行政とのパイプ役となっている高邑勉(たかむらつとむ)衆議院議員。
このお二人に「希望の牧場」プロジェクトについて、これまでの経緯と現状報告をしていただきます。

[会見者]高邑勉衆議院議員
     エム牧場浪江農場農場長 吉沢正己氏
[参考URL]希望の牧場オフィシャルブログ
      fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/
[時間]2011年10月9日(日)15時開始予定(14時受付開始)
[会場]麹町報道会見場
    〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2-4麹町YTビル2F
    東京メトロ半蔵門線・半蔵門駅下車。3a出口より徒歩約1分。
    東京メトロ有楽町線・麹町駅より徒歩約4分
[申込方法]「会見参加登録#2」より件名を「10月9日希望の牧場プロジェクト記者会見」とし、
      必須事項をお送り下さい。必ず参加者本人が申し込んで下さい。
[申込締切]10月8日(土)17時まで
[主催]自由報道協会

※下記の注意事項について、事前にご確認をお願いいたします。
・受付では運転免許証など、本人確認ができる写真付きの公的身分証明書の提示をお願いいたします。
 提示いただけない場合、入場をお断りすることもあります。
・手荷物検査、金属探知機によるチェックにご協力下さい。

以上