「公的な記者会見の全面オープン化」に関する要望書

2011年9月2日
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣官房長官 藤村 修 殿

「公的な記者会見の全面オープン化」に関する要望書

平成23年9月2日

 野田内閣が発足するにあたり、民主党が政権交代前から約束してきた「公的な記者会見の全面オープン化」に関して、下記の通り要望いたします。
本来、政府の公的な記者会見への参加は一部メディアに限定されるべきものではなく、取材・報道を目的としたすべてのジャーナリスト等に幅広く開放されるべきものです。報道の多様性と自由な取材機会を保障することは、民主主義国家であれば当然に認められる権利です。
憲法で保障された「言論の自由」が損なわれることのないよう、一層の配慮をお願いします。

1. 内閣総理大臣記者会見、官房長官記者会見への自由報道協会所属記者の参加

以上

自由報道協会 代表  上杉 隆